アルギニンってどんな成分?理解を深めよう!

最近大注目の子供に重要な成長サプリですが、含まれている成分でもあるアルギニンとは何なのでしょうか。

 

子供の成長はあっという間です。しかし子供の成長期であるタイミングを逃すことによって子供の身長が止まってしまっては悲しい結果になってしまいます。

 

子供の身長の高低は親の責任と感じている方も多くいらっしゃいます。それは、身長は遺伝すると思っている方が多いからです。

 

そして、近年のライフスタイルの変化から共働き世帯が増えたことにより食事から必要な栄養素を確保することが難しくなっています。

 

そんなお子様の成長に一躍買う存在として人気を集めているのが成長サプリです。

 

そして数多くの成長サプリにはアルギニンという成分が配合されています。アルギニンとは一体どのような栄養素なのでしょうか。

 

こちらでは成長サプリに配合されているアルギニンについて調べてみたいと思います。

 

成長サプリに含まれているアルギニンとは?

 

最近アルギニンを含んだ栄養食品・スポーツ飲料やサプリメントが豊富に販売されていますが、アルギニンとは一体どのような成分なのでしょうか。

 

調べてみたところアルギニンとはアミノ酸の1つです。

 

こちらのアルギニンは、体内でも合成されるため非必須アミノ酸になります。

 

しかし乳幼児のような小さなお子様や成長期のお子様、大きな怪我や手術後などの際にはアルギニンが合成できない可能性もあります。

 

年齢が上がるにつれても体内でもアルギニン合成量は減少するため大人でも体外から摂取されることが勧められています。

 

アルギニンに効能や効果とは?

 

アルギニンが非必須アミノ酸なことはわかりましたが、どのような効果や効能はあるのでしょうか。

 

調べてみたところ、アルギニンには成長ホルモンを合成し促進させることによって脂肪の代謝を促し、筋肉組織を強化し、身長を伸ばす効果があります。

 

大人になるとアルギニンは十分量作られますが、成長期の10代で最も多く分泌され年齢を重ねるとともに減少し40代になると約半分まで低下するといわれています。

 

またアルギニンには免疫力を向上させる効果があるため、体内では細菌やウィルスに対する抵抗力を高め、癌細胞を攻撃する働きがあります。

 

以上の効果からアルギニンの摂取には成長ホルモンの分泌促進や疲労回復、免疫力の向上を促す効果があります。

 

成長サプリに含まれているアルギニンのまとめ

 

アルギニンは成長に最も重要な成長ホルモンを促す効果があることがわかりました。

 

アルギニンは体内でも作ることはできますが、成長期には特に使用するため体外からの摂取が重要になります。

 

食材としても鶏肉・大豆・エビ・マグロなどに豊富に含まれています。

 

しかしアルギニンだけを重点的に摂取しようとすると、食事の量なども増えてしまうため、サプリメントや栄養ドリンクなどを上手に使うことが大切です。

 

そしてアルギニンは就寝前の空腹時に摂取することによる効果はアップりますので、成長サプリを飲む場合には考慮しましょう。

 

 

>>今話題の成長サプリはこちら